一軸スイング理論 究極リズムシンクロ打法 様子見なし?やってみた 口コミ

Pocket



年齢と共に飛距離が落ちるのをカバーしたい
フルスイングしても、ボールを遠くに飛ばすことができない
飛ばそうと力を入れてスイングするとボールが真っすぐ飛ばない

しなりを活用した自分のスイングリズムを見つけ、
シャフトのしなりを最大限に利用するスイングに進化させることで、
実は、体の衰えや体格的なハンデはある程度カバーできるのです。
ゴルフクラブの性能を上手に利用することができれば、
これまでにない飛距離と方向性を手に入れることが出来ますと話題になっている
森本光洋さんの「究極リズムシンクロ打法」。

私も試してみようかな?って思ったけれど
友達は「ちょっと様子を見たほうがいい」って言うんだよね。

実際に買ってみて、実践してみた人は
どうなんだろう?

購入者のレビューを確認してみる

自分なりのリズムを知り、
このリズムをドライバーからアイアン、パターに至るまで
全て一定にすることが大切で、
究極リズムシンクロ打法なら、
8番アイアン1本だけを使い習得できます。
1本のクラブを使い、1つのスイングを身につけるだけで良いから
短期間で習得できるのです

これは悪いものじゃないと思うよ?

やってみていい結果が出るまで黙っていよう^^

自宅でもできるドリルもあり、
映像やテキストを眺めながら
理想的なスイングのイメージを構築するだけでも
ワクワクしてしまうし、
イメージ通りのスイングを身につけられそう

2020年4月22日 一軸スイング理論 究極リズムシンクロ打法 様子見なし?やってみた 口コミ はコメントを受け付けていません。 未分類